東映太秦映画村でのおしりたんていのイベントその気になる内容は?

大人気「おしりたんてい」の大型体験イベントが京都のテーマパーク・東映太秦映画村で始まりました。

幼児から小学校低学年の男女を中心に爆発的人気を得ている「おしりたんてい」の世界で思いっきり遊べる体験施設

「おしりたんてい ププッと!なぞときパーク」を期間限定で開いています。

期間は3月16日(土)から9月1日(日)の土日祝 (3/16~4/7と4/26~5/6は毎日)です。

おしりたんていや助手のブラウンといっしょに事件を解決しながら、ボールプールや迷路などのプレイランドで遊ぶことができます。

自分が映像の中に入り込むことができる映像アトラクションや、会場全体を使ったスタンプ探しなど参加性もたっぷりのイベントで、

イベント会場でしか手に入らない特製グッツも販売しているようです。

ファミリーのおでかけにピッタリで、おしりたんてい大好きな子供たちと一緒に「おしりたんてい ププッと!なぞときパーク」に行ってきました。

気になるイベントだったので、おしりたんていの魅力と共にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大人にとってはとっても気になる入場料や有料アトラクション

当日は日曜日でしたので駐車場が混むのをさけるために、少し早めに到着しました。

(東映太秦映画村の駐車場料金は1500円でした。)

営業時間が9時からなのですが、15分前についたのにもかかわらず入口前は長蛇の列でした。

ほとんどがチケット購入する人ばかりで、それで混んでいたようです。

あらかじめチケットを持っている人は横からスイスイ通っていました。

まさか並ぶとは思っていなかったので事前にチケットを買っておけばよかったです。

大人2200円、子供(3才以上)1100円。

うちでは大人2人、こども(3才以上)が2人、あと1人は2歳児のため無料で合計6600円でした。

入園料にはアトラクション代は含まれていません。しかもフリーパスもないので、アトラクションをするためには

入園料とは別に料金を支払わなくてないけません。

各アトラクションの入場料はこちら

・大人(中学生以上)500円

・子供(3歳~小学生)400円

ただし3歳未満は入場できません。未就学児は要保護者同伴が条件になります。

フリーパスはないですが、わくわくチケット(有料アトラクション回数券)というものがあり、

少しお得なチケットになっています。

・大人(中学生以上)1600円(4枚綴り)

・子供(3歳~小学生)1200円(4枚綴り)

大人でしたら4回有料アトラクションに乗ると、500円×4回で2000円になるところ

このチケットを買うと4回を1600円で乗れると言う事です。

ほんとに少しお得なようです。

しかし未就学児が2人いるので親が同伴のため、大人のチケットもいるわけで。。。

わくわくチケット購入で、子供2人 1200円×2人、大人1人(どちらか1人が子守の為)1600円×1人 

で合計4000円になります。

とっても大事なことですが、このわくわくチケットではおしりたんていのアトラクションには入れません。

おしりたんていのアトラクション前にある自販機で入場券を買う必要があります。

おしりたんてい専用の入場券は対象が2歳以上なので、家族5人分を購入します。

1枚500円×5人で2500円です。

おしりたんてい ププッと!なぞときパークの内容とは?

入場口を入ってすぐのエスカレーターで2階に上がるとすぐにおしりたんていの看板があります。

おしりたんていをバックに記念撮影してる人が多かったです。

チケットを買って中に入るとある事件についての新聞が配られます。

そこには「おかしをぬすんだはんにんをさがせ」というミッションがあります。

そのはんにんを探すのに、まちの中にある10このおしりがたのヒントパネルをみつけたり、

ボールプールや迷路などのプレイランドで遊んだり、かいとうU(ユー)と対決する映像アトラクションがあったりします。

おしりたんていの必殺技である「失礼こかせていただきます」のとびだすアートで一緒に写真を撮ることが出来ます。

ワンコロけいさつしょのマルチーズしょちょうの署長室もありました。

スポンサーリンク

ボールプールは便器からおしりたんていが出でいます。おしりたんていの顔の前から風が出ていてボールを投げ入れると

ピューと飛んできます。

しつれいこかせていただきますの場面のとびだすアート

おしりたんていさん、おならするところから紅茶や大好きなスイートポテトを食べていたような・・・

フーム、こどもはそんな細かい事は気にしないようですね。。。

コアラちゃんだいすき!(みはらしそうのかいじけんで大活躍!)

ブラウンもだいすき!

絵本の中と同じように、かくれているおしりを探したり、まちがい探しや、迷路をしたりと

事件の謎を体験しながら解いていくものとなっていました。

しかしやけにパネルが多い気が。。。

なぞときと言うほどの難易度は高くなく、コーナーの数も少なめのように感じました。

しかしターゲット層である子供たちは思いのほか楽しかったようで、特に迷路がよかったようです。

写真もいっぱいとってほしいと要求されました。

1時間弱ほどで出てきました。

最後にわたしがテンションあがってしまったおしりたんていのクレーンゲーム。

とってもかわいらしいです。手触りもちもちで最高です。

ブラウンもゲットしたかった。

感想

子供が大好きなおしりたんていの公式のイベントなので、とっても楽しみにしていたのですが、

案外小規模スペースで1時間ほどで終了しました。その後は仮面ライダージオウのプレミアムステージを見たり

(かなり本格的でびっくり。さすが映画村だけのことはあってアクションも本気でとってもよかった。

私的には室内ホールでイスありなのがとってもありがたかった。。。)

あとは有料アトラクション(子供たちはすべて迷路アトラクションをチョイス)を体験しました。

子供たちはとっても楽しかったようで、(特に迷路が。 えっおしりたんていは?。。。)

汗だくでした。外は寒いけど室内は暑かったようです。

大人としてはフリーパスがあったらいいのにと思うばかりです。

「おしりたんてい」とは

絵本、読み物がシリーズ累計500万部を超え(2018年11月時点)、2018年12月にはNHK Eテレでテレビアニメ放送がレギュラー化、

さらにGWには映画公開も控えた幼児から小学校低学年の男女を中心に爆発的人気を得ている児童書。

顔の形が“おしり”に見える名探偵の「おしりたんてい」が、数々の難事件を「フーム、においますね。」というお決まりのセリフを言いながら、

ププッと解決していく謎解き物語。

avatar

ママ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする