シューズケースを手作り、キルティングで簡単に作ります。

入園準備で必要となってくるのがレッスンバッグやシューズケースですよね。

今回紹介するのは、マチつきで裏地なしのシューズケースです。

キルティング×デニムの切り替えで、男の子にも女の子にも合うものが作れます。

布を直線縫いし、持ち手をつけるだけ、クロステープを使って布端を隠しますので、簡単に作ることができます。

布がずれてしまったり、縫い目が曲がったりしても出来上がりにはほとんど影響がないので安心ですね。

サイズ指定がある場合は、そのサイズにアレンジして作ってくださいね。

スポンサーリンク

材料

・キルティング

・デニム生地

・Dカン(内径2.5㎝)1個

・クロステープ約50㎝

手順

はじめに・・・

1.本体布と底布を縫いあわせます。

2.脇とマチを縫います。

3.持ち手とタブを作り、本体に縫い付けます。

4.クロステープを縫いつけ、入れ口にステッチをかけます。

5.完成

シューズケースの作り方

はじめに…

裁ち方図通りに生地を裁ち、布端をすべてジグザグミシンで始末します。

 

キルティング:23㎝×22㎝ 2枚

デニム生地:23㎝×18㎝ 1枚 

キルティング:32㎝×7㎝ 1枚

 

キルティング:8㎝×7㎝ 1枚

1.本体布と底布を縫いあわせます。

2.脇とマチを縫います。

 

3.持ち手とタブを作り、本体に縫い付けます。

スポンサーリンク

4.クロステープを縫いつけ、入れ口にステッチをかけます。

5.完成

生地選び

今回はリサラーソンの生地で作りましたが、お子さんの好きなキャラクター生地でつくってあげたり、お子さんと一緒に生地を選ぶのも楽しいですね。

リサラーソンの生地はどこで売ってるの?という方は

リサ・ラーソンの人気の生地はイオンに売っている?

こちらにまとめていますので、ご覧ください。

人気のあるキャラクターの生地を選んでしまうと同じクラスの子と被ってしまうことがありますよね。

そうならないように切り替えの布で見分けがつくようにしたり、ポケットやリボンをつけたりして工夫するのも大事ですね。

またレッスンバックとシューズケースをお揃いにすることで、名前がまだ読めないお子さんでも自分のものだとわかるのでいいですね。

レッスンバックの作り方を知りたい方は

レッスンバックを手作り、キルティングで簡単に作ります

こちらにまとめていますので、ご覧ください。

avatar

ママ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする