レッスンバックを手作り、キルティングで簡単に作ります

入園準備で用意しなければならない物ってたくさんありますよね。

その中でも主にレッスンバック(絵本袋)やシューズケースを用意するように言われることが多いようです。

レッスンバックには体操服や着替え、園から持って帰る絵本や書類、子供の作った作品などをいれています。

今回紹介するのは、マチつきで裏地なしのレッスンバックです。

布を直線縫いし、持ち手を付けるだけで簡単に作ることができます。

サイズ指定がある場合は、そのサイズにアレンジして作ってくださいね。

スポンサーリンク

材料

・キルティング

・デニム生地

・クロステープ約90㎝

手順

はじめに・・・

1.ポケットを作り、本体に縫いつけます。

2.本体布と底布を縫い合わせます。

3.脇とマチを縫います。

4.持ち手を作り、本体に縫い付けます。

5.クロステープをつけ、入れ口にステッチをかけます。

6.完成

レッスンバッグの作り方

はじめに…

裁ち方図通りに生地を裁ち、布端をすべてジグザグミシンで始末します。

レッスンバック:キルティング42㎝×23㎝ 2枚

レッスンバック:デニム生地42㎝×22㎝ 1枚

レッスンバック:キルティング32㎝×7㎝ 2枚

レッスンバック:キルティング19㎝×15㎝ 1枚

布端をすべてジグザグミシンで始末します。

1.ポケットを作り、本体に縫い付けます。

 

※本体の中心とポケットの中心を合わせる

ミシンでポケットを縫い付けるとき、□の端を上の写真のように三角形に返し縫いすると丈夫に仕上がります。

2.本体布と底布を縫い合わせます。

※指定以外はすべて縫い代1㎝です。

3.脇とマチを縫います。

スポンサーリンク

4.持ち手を作り、本体に縫い付けます。

5.クロステープをつけ、入れ口にステッチをかけます。

布端を隠すように縫い付けます。

6.完成

内側のクロステープ部分はこのような感じになります。

レッスンバックとシューズケースをお揃いで作りました。

レッスンバックとシューズケースをお揃いにすることで、

名前がまだ読めないお子さんでも自分のものだとわかるのがいいですよね。

人気のあるキャラクターの生地を選んでしまうと同じクラスの子と被ってしまう可能性があります。

そうならないために切り替えの布で見分けがつくようにしたり、ポケットやリボンをつけたりして工夫するのも大事ですね。

シューズケースの作り方を知りたい方は

シューズケースを手作り、キルティングで簡単に作ります

こちらにまとめてありますので、ご覧ください。

リサ・ラーソンの生地について知りたい方は

リサ・ラーソンの人気の生地はイオンに売っている?

こちらにまとめてありますので、ご覧ください。

avatar

ママ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする